FC2ブログ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2012.12.15(Sat):交流会
こんにちは。10月の神記事以来の更新担当となります、一年生のかなものです。

この記事は12月15日に行われたSFCフジサワシティポケモンラボさんとの交流会のレポートとなります。
今回の交流会に至った経緯を軽くお話ししておきますと、
10月上旬、青学の相模原祭、SFCの秋祭と顔を合わせる機会が続いた中、交流会をやろうという声が上がり、フジポケのにゃべさんと私とで企画を進める運びとなりました。
今年公認サークルになったばかりで、二大学間による交流会の経験が無く右も左もわからなかった私を、にゃべさんは優しくリードしてくださいました><///
もちろん交流会の準備をしてきたのは私達だけでなく、部屋の借用もろもろの書類申請を通してくださっ た代表、見せ合い用のワークシートを用意してくださったフジポケさん、
会場の準備をしてくれたサークル員の皆さんの協力あって、無事交流会の実現にこぎつけました。(当日寝坊した主催者がいるらしいな?)



会場は我らが魔界:ふちのべ。
開会式、狩人先輩によるポケモン言えるかな?BWの熱唱が交流会の幕を切りました。
SFC3.jpg

先輩の歌に対する真摯な思いが伝わったのか、真顔で聴いてる人が多く見受けられましたね。
なんというかiTunesのシークバーが進むのがあんなに遅く感じたのは初めてでした。
こんな無茶振りみたいな企画買って出ていただいて、狩人先輩本当にありがとうございました!


先輩の美声で会場が温まったところでシングル大会。
参加者19 名によるトーナメント形式で行われました。
DSCN0415.jpg
mini_120806_09400001.jpg

各所で激戦が繰り広げられた結果、三位決定戦はりてぃさん(SFC)対かなもの(SPS)、決勝戦はつっちーさん(SFC)対ビッチ(SPS)の対戦となりました。
いずれもフジポケ対SPSの熱いカード。
三決は激しい攻防戦の末、私選手一歩及ばずりてぃさんの勝利。
三決と決勝はプロジェクターで上映しながら行われたのですが、ゾロアークがでてきたり低命中率技が飛び交ったりと、なかなか上映向けの試合になったと思います。

決勝戦は途中、ビッチさんがおもむろに考察wikiを開きだすという離れ業を披露するなどややグレーな展開をはさみつつ、つっちーさんが勝利。
ということで無限のアーカイブ考察wikiに屈さなかったフジポケのつっちーさんの優勝 です!おめでとうございます!
上位三名にはジョー先輩から夢特性のシンオウ三龍の中から一匹ずつ贈呈されました。そう、
_人人人人人人人人_
> 上位三名には <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
この中に一人仲間外れがいます。
シンオウ三龍は三匹しかいないんだから仕方ないね;―^
KPや各人のパーティはフジポケのビッパさんがまとめてくれたので、興味のある方は是非覗いてみてください。( http://sfcpokemon.blog137.fc2.com/blog-entry-83.html )
※レギュレーションの一部に不備があったことをこの場を借りて深くお詫び申し上げます


次にカード大会とオタマロめくり&マルチ大会の企画を平行して行いました。
この間、私は裏のオタマロめくりの運営にまわっていたので、カード大会の詳しいレポートは同じくフジポケのビッパさんの記事を参照してください。( 青学交流会 シングル&カード大会結果 )
SFC2.jpg

オタマロめくり&マルチ大会について
サークルで交流会の企画を考えていたときに代表からでた「坊主めくり」の一言。
これがきっかけとなり、ポケモン界一のマスコット『オタマロ』を坊主に据えたオタマロめくりに発展しました。
この企画のために集まったオタマロの枚数、実に39枚。
SPS員がオタマロを買占めたため、深刻なオタマロ不足によるオタマロショックの煽りを受けた町田周辺のカードショップにおいてオタマロが高騰する事案が発生しませんでした。

■オタマロめくりとは?
ルールは一般的な「坊主めくり」といっしょ。なお、地方によってルールは全然違う模様。
・エ ネルギーカード(殿)が描かれた札を引いた場合は、そのまま詩文の手札とする。
・チェレンを引いた場合(天皇「段と呼ぶことも」)左隣の人の手札から3舞もらえる。
・ポケモンの札(姫)を引いた場合には、引いた人は山札の横に置かれていた札を全てもらう。
・ミュウを引いた場合、引いた人以外全員手札を山札の横に置く。
・オタマロ(坊主)の描かれた札を引いた場合には、引いた人は自分の手札を全て山札の横に置く。(『オタマロめくり公式レギュレーション』より)

このルールにのっとり、参加者16名を三グループに分け、尋常にオタマロめくりに臨みました。
単純ながらも奥深いルール、プレイヤー間で飛び交う熱い 駆け引き、1枚カードをめくるごとに生まれる数々のドラマ、
オタマロめくりができるのはSPSだけ!
とはいかず、大逆転カードであるミュウが一週目にきたり、序盤でオタマロが枯れ作業的にカードを引いていく試合が散見されました。
SFC5.jpg

しかし、こんなゲーム性もへったくれも無い遊びでも初対面同士でやって盛り上がるんだから、ポケモンって偉大だなあと思いました(適当)

オタマロめくりデッキレシピ
▽エネルギー(殿)×60枚
▽適宜ポケモンカード(姫)×21枚
▽オタマロ(坊主)×13枚
▽チェレン(天皇)×5枚
▽ミュウ(蝉丸)×1枚
非オタマロ勢向けに言えば、ポケモンを引いて何枚もエネルギーを引いて、ポケモンを引き当てるデッキ。
オタマロ対策の結論は、ドローしかない!


続いてマルチ大会になだれ込むオタマロ勢。
フジポケ×SPSのカップルが6組、SPS×SPSのホモカップルが2組の合計8組によるトーナメントを行いました。
ルールはIRによる一人手持ち二匹、使用ポケモンと技の相談は有りとしました。

初対面とはいえパートナーとの相談がものをいうコミュ障殺しのゲーム、スムーズな会話を交わし見事なコンビネーションを発揮し栄えあるベストカップルに輝いたのは・・・
COCOさん(SFC)とミツキ先輩(SPS)のコンビだああああああああああ!!!
末永くお幸せにの(⌒-⌒)

余談ですが、普段サークルで大会の運営として長考勢を催促している代表と副代表が、こちらの催促に対してまだ決まってないコールをしている姿は新鮮でした^。 ^


最後の企画として大学対抗戦が執り行われました。
さすがに大学の看板を背負っているだけあってか、試合に臨むSPS員の姿勢は真剣そのもの。
私の後ろからの茶々に対しても、無言で背中で分からせてきました。

結果は以下の通りとなります。(敬称略)
シングル1:イトーケ(SFC)× 対 くーや(SPS)○
シングル2:りてぃ(SFC)× 対 ミツキ(SPS)○
ダブル1:つっちー(SFC)× 対 ジョー(SPS)○
ダブル2:COCO(SFC)× 対 すいそん(SPS)○
マルチ:ブーン/みる(SFC)○ 対 たなよう/ジン(SPS)×

ということで今回は4-1でSPSが勝ち越しました!
シングルの三決と決勝がいずれもだらしない結果におわってしまったので、意地を見せられたのではないでしょうか。



企画の終了後に、会場の片付けしてる間の環境音のような扱いで、抜き打ちプレ代表引き継ぎ式が行われました。
現代表から次期幹部たちに、激励の言葉とともに賞状が渡されました。
そして次期代表にはとあるラッキーが渡されました。
1356872366198.jpg

???「重くないか?その名前」
このラッキーは代々SPSの代表に継承されていくものらしいです。
ということで暫定的に代表職を受け継ぎました、といっても地位や権力は握られたままだそうです。?。?
このラッキーを次なる代表に胸を張ってバトンタッチできるよう、これから一年間能力や経験を積んでいきたいです☆(ゝω・)v




SFCのみなさんわざわざお越しいただいてありがとうございました。
フジサワシティポケモンラ ボは神サークル!
以上をもってこの記事を終わりたいと思います。

SFC4.jpg


スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://aoyamapoke.blog.fc2.com/tb.php/19-5bd1c7bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。